SORI YANAGI Suppot Site (柳宗理サポートサイト) 柳宗理デザインシリーズ・製品サポートサイト
修理・交換部品
ステンレスについて

一般的に18-8ステンレスを素材として作られています。
その特徴として、非常に頑丈にできていて、壊れにくい。錆びにくく手入れが簡単。等があげられます。
ステンレスとは鉄を主成分にクロム等、あるいはクロムとニッケル等を添加した合金です。18-8ステンレスは鉄に18%のクロムと8%のニッケルを添加した金属です。

*クロム・・・ 非常に固い金属で、耐摩耗性、耐腐食性、耐熱性離型性に優れている。
*ニッケル・・ 固い中にも柔軟性(ねばり)があり、耐食性に優れている金属。又、各種メッキの下地メッキに多く利用されている。このニッケルの含有量が増す事によって、耐食性がよくなる。



パスタパン エキスパンドメタルについて

エキスパンドメタル(ラス網)は、金属板を特殊な機械によって千鳥状に切れ目を入れると同時に押し広げ、菱形あるいは亀甲状に加工した製品です。
一枚の板から作られるので、網目がもつれたり、ほどけたりしません。また他の網に比べて軽く、しかも丈夫です。


ステンレス・アルミ3層綱について

鍋の内側には耐食性に優れた18-8ステンレスを、芯材に熱伝導性に優れた純アルミニウムを、外側にはIH加熱に適した18-Nbステンレスを用いた三層構造となっているため熱がムラなく伝わり焦げ付きにくくなっています。
また、クッキングヒータ用調理器具のSGマークを取得しておりますのでガスからIHクッキングヒーターまで幅広い熱源でご使用いただけます。


鉄フライパン ブルーテンパ材について

ブルーテンパ材はフライパンなどを作る為に開発された材料です。
鉄板の表面を焼き入れ(酸化)させてあり、ほかの鉄板材料と比べ錆にくく、加工性が優れています。
使用開始時に焼き込みが必要ですが一度油が馴染めば大変耐久力があり長く使用できます。



マグマプレート加工はブルーテンパ材の表裏両面に南部鉄器風の凹凸を浮き立たせ、表面保護のための黒色酸化皮膜、さらにその表面にはシリコン樹脂塗装を施した特殊加工です。食材とランダムな点で接触し、油なじみも良いのでこげつきやこびりつきを抑えます。また表面積が増えたことで、より多くの熱を受け、素早く食材を加熱します。鉄ならではの耐久性があり、強火調理や金属製ツールの使用などハードな使い方も可能です。



ファイバーライン加工はブルーテンパ材の表面に繊維状の凹凸を浮き立たせ、表面保護のための黒色酸化皮膜、さらにその表面にはシリコン樹脂塗装を施した特殊加工です。食材とランダムな点で接触し、油なじみも良いのでこげつきやこびりつきを防ぎます。また、お使い始めの際は本体が油になじんでいないため金属タワシで擦ると表面の一部が白くなる場合がございますが、問題ありませんのでご使用後にうすく油を塗るお手入れを継続してご使用ください。



このセラミックフライパンは、内外全面ダブル(2層)セラミックコーティングを施しており優れた耐久性を実現、その滑らかな表面によりこびりつきや汚れがつきにくく、お手入れも容易になっています。また底厚が約5mmと厚いので蓄熱性が高く熱がムラ無く伝わり、お料理が美味しく仕上がります。直火からIH200Vまで、幅広い熱源に対応しています。


キッチンナイフ・刀身の材料について

モリブデン・バナジウムを添加した切れ味が長続きする特殊ステンレス鋼を中心部に、粘り強い13クロームステンレスでサンドイッチした3層綱を使用しております。
この材料は鋭い切れ味と、折れにくさ、錆びにくさを併せ持つ刃物用のステンレスで、熟練の職人が一本一本丁寧に本刃付けを行っており、研ぎ直しが可能です。


ブレッドナイフ・刀身の材料について

モリブデン・バナジウムを添加した特殊ステンレス鋼を使用。通常のステンレス鋼に比べ鋭利性、耐久性、耐食性に優れています。切りくずの出にくい特殊ウェーブ刃を採用しています。
研ぎ直しは不可能です。


キッチンナイフ ダマスカス鋼について

刀身の「37層ダマスカス鋼」は、芯材に最高級の刃物鋼「コバルト合金鋼V金10号」を、左右の地金に18層折り重ね鍛造したステンレス鋼を使用しています。37層の多層鍛造構造は、芯材の緻密性と均一性を向上させ、錆びにくさや折れにくさ、鋭い切れ味の持続性を、より一層高めています。また、ダマスカス鋼の特徴として、多層構造による独特の模様が見られます。


#2250 黒柄カトラリーについて

ハンドル部はカバ材積層強化木を使用し柔らかい持ち心地で飽きがきません。積層強化木は、合成樹脂を木材の薄板に含浸させ、これを何枚も重ね合わせて高圧のもとに加熱圧縮してつくられているものです。木の繊維と合成樹脂が結合しているので、高い硬度と強靱性を備え、通常の木材にありがちな劣化の問題を解決しました。美しい自然の木目はそのままに保ちます。抗菌性があり、また腐食などの変質がなく衛生的です。
若干吸水性があるため、水に浸けて放置するとハンドルが緩む原因になります。


耐熱強化ガラスについて

熱に強いホウ珪酸ガラス製耐熱ガラスに全面物理強化を施してありますので、電子レンジからオーブンまで使え、ショックに強く、割れにくいのが特徴です。
実験で使う試験管やビーカーと同じ素材なので、酸・塩分に強く溶出物がありません。
ボールの内側(ふたは上面)にチタンコーティングを施しているので、焦げ付き等の汚れや臭いが付着しにくく、また汚れが着いても簡単に落とすことができます。


鉄鋳物について

鉄鋳物(南部鉄器)は普通の鉄板とちがい厚みがあるので熱をたくさん保有します。そのためふんわりとした熱が全体に早く行き渡り、おいしいい料理ができます。鉄鍋で調理された食物には鉄分が多く含まれており、不足しがちな鉄分補給に役立ちます。
クッキングヒータ用調理器具SGマークを取得しておりますので、200Vの電磁調理器からオーブン(ステンレスふた使用時は除く)まで電子レンジ以外の全ての熱源に対応しております。


ボーンチャイナについて

ボーンチャイナは200年程前、イギリスで生まれました。
当時、ヨーロッパでは中国や日本の白磁が大人気でした。各国はこぞって白磁を作ろうとしましたが、イギリスでは磁器づくりに欠かせない土がなく、それを補う為に考え出されたのが、「ボーンチャイナ」です。
ボーンチャイナとはその名の通り、Bone(骨)。牛の骨灰を加えることにより、白磁独特の白さを出すことに成功しました。
優れた透光性と強度、柔らかい純白色が特徴です。
電子レンジでの使用は出来ますが、温める程度でご使用下さい。
オーブンレンジ、直火での使用は出来ません。


セラミックについて

自然なカーブから生まれる温かく飽きのこないフォルムを実現するため、通常テーブルウェアにはあまり用いられない陶器と磁器の中間性質を持つ半磁器を素材としています。
半磁器は陶器より強度があり、磁器より軽量な素材です。
独特の柔らかい表情を持つマット釉は焼成温度幅が大変低く、温度管理に高い技術を必要とします。
電子レンジによる加熱には使用出来ますが、オーブンレンジや直火による加熱調理には使用出来ません。


和食器について

和食器は清潔な白地に藍色のシンプルな模様の磁器です。
磁器とは陶石を主原料とし、白色で透明または半透明の吸水性がない焼き物です。陶器より高温で焼成されます。
中国宗代末から発達し、日本では江戸初期に有田で焼き始められました。
電子レンジでの使用は出来ますが、温める程度でご使用下さい。
オーブンレンジ、直火での使用は出来ません。


ガラス製品について

素材はソーダ石灰ガラスで、型を使用した手吹き成形で熟練の職人が一つ一つ丁寧に作っています。
底上げシリーズ、ワインシリーズは底部を肉厚にすることで、持ちやすさと安定感を両立しています。
角付きはデザインの特徴であると同時に、滑り止めの役割も果たしています。
ソーダ石灰ガラスは窓ガラス、びん、多くの食器類などに使われる、もっとも普通のガラスで、古代に最初に作られたガラスもソーダ石灰ガラスと考えられています。二酸化けい素、酸化ナトリウム、酸化カルシウムが主成分です。酸化ナトリウムの代わりに酸化カリウムが使われることもあり、両方が使われることもあります。ソーダというのは、原料として使われる炭酸ナトリウムのことを指す言葉です。



Copyright (c) 2006 sato-shoji Corp.